潮干狩り用品を100均で揃えると

この記事は2分で読めます

こんにちは、もっちんです。

潮干狩りシーズンに突入していますが、以前に行ったことのある人は、すでに用具を揃えた方も多いと思います。

愛知県での潮干狩り (西尾市)

愛知県での潮干狩り (蒲郡市)

愛知県での潮干狩り (常滑市・美浜町・南知多町)

愛知県での潮干狩り (田原市)

潮干狩り用品を100均で揃えると

しかし、これから初めて潮干狩りに行こうと思っている場合には、ある程度用具を揃えてから行かないと、当日になって慌てることになります。

そこで、できるだけ安く潮干狩りの道具を揃えるために、100均で何が買えるが探してみました。

1 熊手・・100円

現地でレンタルしているところもありますが、何はともあれ、これが無いと潮干狩りが始まりません。

園芸のコーナーの大量に並んでいました。一人ひとつ必需品です。

2 カゴ(小)・・100円

取れたアサリを入れるカゴです。これも熊手と同じように、一人がひとつ使います。バケツだと、水が抜けないので移動するのに不便なので、穴の開いたカゴが便利です。ただあまり大きいと、使いにくいので、20cm程度の大きさで、適度の隙間があるカゴが使いやすいと思います。また持ち手がついている方が何かと便利です。

3 カゴ(大)・・400円

アサリが取れすぎて、カゴ(小)がいっぱいになった場合に、アサリをまとめて入れておくカゴです。大きさはスーパーの買い物かごの大きさがあったほうが、目立つのでいいと思います。またカゴ(大)はある程度大きいほうが、他の道具を入れておけるので往復の道中や、家で道具を保管しておくのに便利です。

さすがに、カゴ類は100均の得意分野です。いろいろな種類がありますが、カゴ(大)は400円でした。

 

4 麦わら帽子・・100円

5 手ぼそ・・100円

6 サングラス・・100円

4月も中旬になると、紫外線が強力です。日焼け防止対策をしっかりしておかないと、後から大変なことになります。帽子はキャップタイプより、ハットタイプの方が、日差しを防いでくれます。その点では麦わら帽子は通気性もよくていいと思います。

手ぼそは、長そでのシャツを着ていればなくてもかまいませんが、潮干狩りはどうしても、袖が汚れます。そこで半そでに手ぼその方が、汚れずに済みます。

サングラスは、もっちんは不要ですが、まぶしいのが苦手な人は、忘れずに持っていきましょう。(写真はありませんが、必ず売っています)・

 

7 手袋・・100円

潮干狩り場は、砂地もあれば、砂利のところもあります。また、海岸には何があるかわからないので、手袋は必需品です。一般的には軍手が主流ですが、もっちんは作業用の手袋のほうが使いやすいと思います。

8 サンダル・・150円

気温が低いと長靴のほうが暖かいですが、やはり歩きにくいので、これからのシーズンはサンダルが便利です。これも汚れるので、安いので十分です。

100均で購入できる潮干狩り用品はこれくらいかと思いますが、その他にあると便利なのが、小さい折り畳みの椅子です。潮干狩りは腰をかがめて行うことが多いので、どうしても腰に負担がきます。このような椅子があると楽に作業ができます。(探せば100均にあるかも・・)

 こんなやつです。

追記 4/7 ダイソーにありました。

8 折りたたみ椅子・・150円

もちろん、お金をだせば、いい道具はたくさんありますし、品質も良いと思いますが、初めていくのであれば、最初はできるだけ安く揃えて、体験するのもいいと思います。よい道具はそれからでも間に合います。

どちらにしても楽しい潮干狩りを・・!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

もっちんです。既に50代半ば(^-^;ですが、旅行に車に、ホームシアター、DIY、にゃんこに熱帯魚飼育と趣味は旺盛なハワイ大好きおじさんです

2018 宮城

2015 ハワイ

2016 ハワイ

2018 ハワイ

2017 韓国

2016 沖縄

愛知県 潮干狩り

福井県の記事

DIYコーナー

ホームシアター

コストコ

カテゴリー

ブログ統計情報

  • 51,052 アクセス