コストコで購入したソーラー人感センサーライトを取り付けてみた!

この記事は2分で読めます

こんにちは、もっちんです。

11月10日にコストコに行ってきました。そこで目についたのが、

サンフォース プロダクツ ソーラー人感センサーライト

カナダのメーカーということですが、ソーラー方式で1500ルーメンと非常に明るいです。

現在自宅に設置してあるセンサーライトは、ハロゲン式のタイプですが、しばらく前から点灯しなくなっていたため、代替品を探していました。

お値段は、4,538円でした。

調節可能なヘッドランプは上下左右の回転方式で、いろんな方向を照らすことができます。
(センサーの反応距離は約9m、範囲は約180度)

自動点灯後の時間設定は30・60・120秒の3段切り替え選択可能です。また常時点灯も可能です。
センサー反応感度は3段階切り替え可能です。

ランプ本体部分とソーラー部分の接続配線長さは約4.5mあり、離れた場所でも取付できます。

この商品はバッテリーは単三の充電式電池を使用する為、電池が劣化した場合でも、市販の充電池を購入する事で対応ができます。

製品寸法(L×W×H): 11.3cm×32.5cm×16cm
製品重量: 0.92 kg

内容品です。

太陽光パネルとセンサーライト本体、説明書です。

取付ねじも付属していますが、金属部に取り付ける場合には、別途タッピングネジが必要になります。

今回の取り付け場所になります。

自宅ベランダと車庫の間にテラスがあるのですが、その屋根部に取付ようと思います。

まずは、太陽光パネルを取り付けます。

アルミに取り付けることになるので、事前にドリルで小さな穴を開けて、タッピングネジで固定します。

ねじ穴は4か所ありますが、本体が軽いので、2か所で十分に固定できました。

パネルは可動式なので、折り曲げるとこんな感じになります。

次に、センサーライト本体の取り付けですが、車庫全面と玄関部分も照らしたいので、車庫のシャッター横に取り付けることにしました。

本体は、取付マウントを先に取付て、本体を差し込む方法になっているため、上からスライドさせるスペースを確保してから取り付けます。

マウントが固定できれば、後は本体を上からはめ込むだけなので、取り付け自体は10分もあれば完了です。

最後に、太陽光パネルからの配線を本体に差し込み、配線処理を行えば完成です。

必要な工具は、電動ドライバー、タッピングネジ4本、結束バンド数本のみです。

初期設定は、

点灯時間60秒

センサー反応感度は「M」としました。

説明書には、3日間は充電のみ行い、電池をフル充電しないと使用できないと記載されていましたが、既に充電されている電力だけで、十分に反応・点灯しました。

夜になり、センサー反応の範囲を確認しましたが、問題はありませんでした。

耐久性については未知数ですが、ソーラー式のセンサーライトとしては安価であり、取付も簡単なことから、これまでのハロゲン方式のライトから交換してよかったと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

もっちんです。既に50代半ば(^-^;ですが、旅行に車に、ホームシアター、DIY、にゃんこに熱帯魚飼育と趣味は旺盛なハワイ大好きおじさんです

2019 ハワイ

2019 ハワイ計画

2018 宮城

2015 ハワイ

2016 ハワイ

2018 ハワイ

2017 韓国

2016 沖縄

愛知県 潮干狩り

福井県の記事

DIYコーナー

ホームシアター

コストコ

スポンサーリンク











全般ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

カテゴリー

ブログ統計情報

  • 65,328 アクセス