ポルトガル 7月の首都リスボンの風景 ①

この記事は2分で読めます

こんにちは、もっちんです。

今回は、2018年7月のポルトガルの首都、リスボンの様子等をお届けしたいと思います。

 

ポルトガルは、ヨーロッパの一番左端に位置し、国土は 日本の4分の1と、北海道と四国を足したほどの大きさです。

大西洋に面しており、古くは大航海時代にスペインと海の覇権を争った経緯があります。また、日本の鉄砲伝来は、ポルトガルからであり、日本に初めて訪れたヨーロッパ人になります。

リスボン空港、ウンベルト・デルガード空港ともいいますが、正式名称はリスボン空港でいいみたいです。

なお、日本からポルトガルへ行くには、ヨーロッパ各都市や中東経由となります。直行便はありません。

リスボン空港から市内へ向かう街並み風景です。

 

ホテルは、「EMPIRE LISBON HOTEL」

リスボンの中心部近くに位置し、地下鉄アラメダ駅から10分、マルケス・デ・ポンバル広場からは地下鉄で10分、リベルダーデ大通りの高級ショップやブティックからも地下鉄で15分です。

料金は、朝食付き、1泊ツインで77ユーロなので、日本円で9500円くらい。

カウンタースタッフの印象は、日本のホテルみたいなにこやかで親切丁寧な対応!いらっしゃいませ!の気持ちが前面に出ていて、なんとも好印象でした。

ただ、仕事がものすごく遅い!
たかがチェックインに何分かかるの?~って感じです。

ラテン系だからなのかなんなのか、急ぐ様子もなく、リラックスしながら、かつ丁寧にお仕事されていました。

 

ホテル内はフロントも廊下も、エレベータもどこもかもピカピカでクリーンな匂いが!(^^)!

 

  

リスボンの旧市街地です。

壁が全部タイル張りなので、光が反射して、鏡みたいです。

 

 

坂道がとても多い街です。

階段の途中の踊り場にも、こんなレストランが!

 

ここも坂道

いきなりですが、たこ料理(;^_^A

 

次回は、ヨーロッパ最大の水族館である、「リスボン水族館」を紹介します。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

もっちんです。既に50代半ば(^-^;ですが、旅行に車に、ホームシアター、DIY、にゃんこに熱帯魚飼育と趣味は旺盛なハワイ大好きおじさんです

2018 宮城

2015 ハワイ

2016 ハワイ

2018 ハワイ

2017 韓国

2016 沖縄

愛知県 潮干狩り

福井県の記事

DIYコーナー

ホームシアター

コストコ

カテゴリー

ブログ統計情報

  • 51,052 アクセス