超簡単!ムームードメインでのドメイン取得

この記事は2分で読めます

53歳にしてブログ開設を志し、いくつもの壁にぶち当たりながらもなんとかアドセンス収益を得るところまでになったことについて、全てが正しいとは限りませんが、復習の意味も込めて書いています。

 

ドメインの取得

前回の記事で、ドメインの説明(50歳から始めるブログ講座 ドメインの取得・設定)を行いましたが、今回は実際に取得する方法を書いていきます。

今回は、ムームードメインでの取得を基本として説明します。下のリンクをクリックするとドメインの検索画面になります。



希望のドメインを検索する

ムームードメインの初期画面で、自分の希望するドメインを入力すると、選択可能なトップレベルドメインの有無が確認できます。

とくにメジャーな「・com」等は人気があるので、既に自分の希望する独自ドメイン名で使用されていることが多々あります。

今回は例として「domain2020」を入力して検索してみました。

 

すると、やはり「.com」は取得できませんとなっており、既に誰かが使用していると思われます。

そこで、今回は「.net」というトップレベルドメインを使用することとして、カートに追加します。料金は初期登録費用であり、年間の更新料金は別になります。

自動更新の設定は、ムームードメインのコントロールパネルが画面上の自動更新設定で設定ができます。

 

カートに追加

カートに追加をクリックし、更にお申込みへをクリックします。

ドメインの設定という画面になりますが、

WHOIS公開情報は⇒弊社の情報を代理公開する

ネームサーバ(DNS)⇒ムームーDNS

を洗濯、いや選択します(^^;)

最後のロリポップ!レンタルサーバ同時申し込みについては、今回はエックスサーバを利用するので、チェックはいれません

支払い情報入力

次にお支払情報ということで、ドメインの契約年数は1年でいいかと思います。次に支払い方法を入力していくので、クレジットカードの情報を入力します。

 

次の画面は広告なのでパスします。

最終確認画面がでてくるので、情報に間違いが無ければ、「取得する」をクリックしドメインの取得が完了しました。

※注意:各画面はマニュアル作成時のものであり、デザイン等は今後変更されている可能性があります

 

ここまでの流れについては、そんなに難しいことはないと思います。

これで、ドメインの取得ができました。次はレンタルサーバの申し込みになります。

個人向けのレンタルサーバは各社ありますが、有名なのは

 

それぞれ特徴があり、どれが一番という判断は難しいですが、逆を言えば、どれを選んでも間違いはないと思います。

レンタルサーバを申し込んで設定が完了し、このドメインを指定すれば、ひも付されたこのサイトが表示されるというワケです。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

もっちんです。既に50代半ば(^-^;ですが、旅行に車に、ホームシアター、DIY、にゃんこに熱帯魚飼育と趣味は旺盛なハワイ大好きおじさんです

2019 スイス・イタリア

2019 ハワイ

2019 ハワイ計画

2018 ハワイ

2016 ハワイ

2015 ハワイ

2017 韓国

2016 沖縄

2018 宮城

愛知県 潮干狩り

福井県の記事

DIYコーナー

コストコ

年会費無料 海外旅行保険 最強の自動付帯カード

ブログ統計情報

  • 88,575 アクセス