風呂場の混合栓(蛇口)をDIYで交換する方法

この記事は2分で読めます

こんにちは、もっちんです。

今回は、自宅の風呂場の混合栓がかなり古くなってきたのと、少々使いにくいので、交換することにしました。

 

風呂場の混合栓には2つのタイプがあります。

①壁付きタイプ
蛇口を壁に取付けるタイプです。
壁にある2つの配管(水とお湯の給水管)の距離が 調整できるため、105mm~225mm の間であれば、ほぼ全ての蛇口で交換可能です。

 

②台付きタイプ
蛇口を台(浴槽のふち等)に取付けるタイプです。 デッキ式とも言います。
取付ける穴が2つの物になります。

湯水2本の配管の中心から中心までの距離が 85mm、100mm、120mmと3種類ありますので、サイズに注意が必要です。

 

また、お湯の調整は2ハンドル水栓といって、水とお湯をそれぞれ調節するハンドルがあり、毎回手動で水量や温度を調節する必要があります。

 

最近はサーモスタット水栓といって、温度の目盛が付いたレバーが付いている水栓が主流になっています。目盛を調節することで、水とお湯が目盛の温度に混ざった状態で蛇口から出てきます。

 

写真は、もっちんの交換前の蛇口です。浴槽に直接取り付けてある台付きタイプ(デッキ式)の2ハンドル水栓になります。

湯水2本の配管の中心から中心までの距離は120mmでした。

今回は、2ハンドル水栓から、サーモスタット水栓に交換することとします。

とりかかる前に、最初にすることは、家の止水栓のバルブを閉めること!・・止水栓とは、一軒家であれば、外のどこかに

のようなのがあるので、ふたを開けて、バルブを閉めてください。

これを行わないと、途中で水が噴き出して大変なことになります(;^_^A

まず、湯船横にある小物置場を外します。ゴムのカバーをドライバー等で外すとねじが見えてきます。

それを外すと簡単に外れます・

外した写真です。

中を覗くとお湯と水の配管が見えるので、スパナで緩めて外します。

 


止め金具を外すと、簡単に混合栓が取り外す事ができます。


今回、購入した新しい混合栓が、これ!  ヤフオクでゲットしました。
リクシル(INAX)のBFーB646TSD(300)ーA120

A120というのが、お湯と水の配管の中心から中心までの距離になります。

ねじ山の部分には、ホームセンターで売っている、白い防水テープを巻いてから取付を行ってください。

取り付けは、外した順序と逆にすればOKで、簡単です。

配管を穴に入れて、ナットを締め付けます。

締め付けが終わったら、必ず止水栓のバルブを開けて、水漏れが無いか確認してください。

水漏れがなければ、小物入れのふたを元に戻して完成です。


最後に、シャワーヘッドを固定する部品を壁に取り付け完成です。

写真の左側で温度調整、右側のレバーを上に上げるとシャワー、下に下げると蛇口からお湯が出てきます。

2ハンドル水栓とは比べ物にならないくらい使いやすくなりました。

作業時は時間にして約30分で完了しました。

蛇口の交換は、要領さえ分かれば簡単です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

もっちんです。既に50代半ば(^-^;ですが、旅行に車に、ホームシアター、DIY、にゃんこに熱帯魚飼育と趣味は旺盛なハワイ大好きおじさんです

2018 宮城

2015 ハワイ

2016 ハワイ

2018 ハワイ

2017 韓国

2016 沖縄

愛知県 潮干狩り

福井県の記事

DIYコーナー

ホームシアター

コストコ

カテゴリー

ブログ統計情報

  • 51,052 アクセス