香港・マカオの旅2018 ③ホテルから持ち物までの準備を徹底解説!

この記事は3分で読めます

こんにちは、もっちんです。

2018年12月21日(金)から24日(月)までの3泊4日で、香港とマカオに行ってきました。

前回の記事はこちらから

香港・マカオの旅2018 ② Trip.comで予約した航空券の座席等の指定について(注意!)

 

今回の旅行が決まり、航空券を予約したのが11月28日です。そこから出発までに行った準備について書いていきたいと思います。

ホテルの予約

3泊4日の予定なので、3泊分のホテルを予約する必要があります。

香港のホテルの相場は、当然ピンキリでありますが、あまり安いホテルはさすがに不安があります。今回は、香港旅行におけるホテルの平均相場といわれている、1泊15,000円を目安に探してみました。

当然、中心地に近いと高く、離れると安くなります。ただし、香港は電車(MRT)が整備されており、治安も比較的良いことからタクシーの利用もほぼ問題ないということで、多少中心地から離れていても、それほど不便はないという情報も踏まえつつ、ネットで検索してみました。

香港は大きく3つのエリア(九龍・香港島・新界)に分かれています。

九龍エリア

はじめての香港旅であれば、このエリアに宿泊すれば香港が満喫できるといわれています。

香港の中心地だけあり、尖沙咀(チムサーチョイ)周辺ホテルはさすがに高級ホテルが並んでいます。ザ ペニンシュラ 香港(半島酒店)を筆頭にブランドホテルが通りには目白押しです。

お値段も1泊で70,000円以上と、庶民にはなかなか難しいお値段ですね。

ただし、大通りを少し外れると、20,000円台前後のホテルもあり、ネットでの評価を参考に決めてもいいと思いますが、値段の割には部屋は狭いというお話です。

このエリアで8,000円以下のホテルは、それなりの理由があると思われるので、十分な下調べをしたうえで判断してください。

 

香港島エリア

このエリアも観光には便利で、九龍半島へはスターフェリーで10分程度、またタクシーでも海を越えることができます。またエリア内をトラムといわれる路面電車も走っているので、おしゃれな香港を満喫できるエリアです。

このエリアのホテルについても、15,000円を基準として選択すれば、ほぼ問題ないと思われます。

 

新界エリア

香港の中心からは少し離れていますが、逆を言えば、香港国際空港や香港ディズニーランドにはもっとも近く、九龍エリアの尖沙咀(チムサーチョイ)にもタクシーで20分程度です。中心地から離れていることもあり、ホテルの相場は他のエリアより安くなっており、同じ金額なら部屋の広さが広いというメリットもあります。

 

いろいろと悩んだ結果、今回の旅行では、香港ディズニーランドも予定に入っているため、九龍エリアのホテル 108か新界エリアのパンダホテルに絞って検討しました。

ホテル108・・1泊 18000円 2018/12/21~12/23

女人街にも近く街歩きに最適のロケーション

パンダホテル・・1泊 15,500円 2018/12/21~12/23

大規模なホテルで、地下にはイオンもあり、買い物も便利

場所は・・

いろいろと迷いましたが、結局、ディズニーランドと九龍の中間的位置にあるパンダホテルに決定!

エクスペディアにて予約(デラックス ツインルーム)しました。

お値段は、1泊が15,500円の3泊で、46,500円です。これに税およびサービス料: 4,665 円が加算されるので、合計51,165円になりました。

 

Wifiの予約

1月のハワイの時に利用した、ワイホーネットストアで予約しました。

今回は、3泊4日なので、香港Wi-Ho!4G 大容量プラン(500MB)で、1,200円は安いと思います。

しかし、後で判ったのですが、このプランでは、香港は問題ないのですが、マカオでは使えないので注意が必要です。

ただし、今回は、これとは別にマカオ対応のモニター商品に当選し、実際は2台のルータを持参していたため、事なきを得ました。(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八達通(OCTOPUS オクトパス)カードの手配

オクトパスカードは日本のSuicaやIcocaカードみたいなチャージ式のICカードで、香港のMTRやバス、トラムに乗り降りする時にピッとかざすだけで精算される仕組みとなっています。また、コンビニ(セブンイレブンやサークルK)やスーパー、空港等などでもカードリーターがあるところなら使用できるので、持っていると非常に便利なカードです。

オクトパスカードは香港国際空港やコンビニで購入することもでき、通常であれば、1枚150HK$(香港ドル)で購入できます。

内訳は、最低入金額の100HK$と最初のデポジット50HK$で、計150HK$です。1HK$=15円とすると1枚当たり2,250円になります。

 

今回、もっちんは事前にkkday香港台湾シンガポールなどの現地ツアーを格安で予約できるサイト)で2枚予約して、空港内で受け取る方法を選択しました。

購入はここから、

上記で購入すると、10HK$のチャージ付きで761円となっています。デポジット50HK$と合わせると、60HK$になり、本来は60×15円で900円相当になりますが、761円と正規で購入するより安くなっています。

 

オプショナルツアー

今回のオプショナルツアーは、マカオ世界遺産巡り1日観光ツアーをベルトラで申し込みました。

香港・マカオの往復高速フェリー乗車券とマカオの世界遺産観光のツアーで、ひとつひとつを個人でまわるより、移動が簡単で、疲れないかなという思いで予約してみました。

お値段は一人780HK$なので、日本円にして11,700円になります。

香港・マカオの高速フェリーの往復料金が往復で5000円弱なので、実際は6700円が観光ツアー料金になり、バス移動や観光案内を考えると、それなりかなという思いです。

 

次の記事は、香港・マカオ旅行に行くうえで、知っておくべき知識等について書いていきたいと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

もっちんです。既に50代半ば(^-^;ですが、旅行に車に、ホームシアター、DIY、にゃんこに熱帯魚飼育と趣味は旺盛なハワイ大好きおじさんです

2018 宮城

2015 ハワイ

2016 ハワイ

2018 ハワイ

2017 韓国

2016 沖縄

愛知県 潮干狩り

福井県の記事

DIYコーナー

ホームシアター

コストコ

カテゴリー

ブログ統計情報

  • 51,052 アクセス