福井県小浜市の若狭フィッシャーマンズワーフの牡蠣小屋で蒸し牡蠣・焼き牡蠣体験

この記事は2分で読めます

こんにちは、もっちんです。

今回は福井県小浜市にある若狭フィッシャーマンズワーフで牡蠣小屋がオープンしたという新聞記事を見たので、早速体験してみることにしました。

 若狭フィッシャーマンズワーフ

牡蠣小屋は2020年1月11日(土)~3月29日(日)までの土日祝日のみ営業となります。

営業時間:10:00~15:30(売り切れ次第終了)

座  席:通常席6人掛けが7席、予約は翌日分以降に対応(4席)

もっちんの住んでいる福井市からは、北陸高速自動車道の福井北インターから舞鶴若狭自動車道の小浜インターまで約1時間10分、インターを降りてから15分程度て到着します。

中に入ると、牡蠣小屋への案内があり、海沿いの道路側にありました。

外に出ると、牡蠣小屋の文字が目に入ります。到着したのが13:30頃で、初日のせいか人はそんなに多くありませんでしたが、それでも3組くらい待っていました。

待機しているところに、このような注意事項がかかれた張り紙がありました。

到着直後の13:40分頃には、1杯500円の牡蠣めしが売り切れたとの張り紙が張られていました。注文しようと思っていただけに少し残念!

待ち時間10分ほどで中に案内されました。

メニューは単純です。

蒸し牡蠣 1缶(10個) 2,500円

焼き牡蠣 1盛(10個) 2,500円

牡蠣めし 1杯 500円

の3種類のみです。

ちょっと高いかな・・という気はしますが、大きさもわからないので、とりあえず蒸し牡蠣1缶とと焼き牡蠣1盛を注文しました。

小屋の中はこんな感じです。小屋というよりはテラス席みたいな感じで、当日はお天気もよかったため、温室効果で暑いくらいでした。

最初にやってきたのは、蒸し牡蠣1缶、ガスコンロにかけて約7分待ちます。

店員さんがキッチンタイマーをセットしていくので、時間になると蓋を開けてくれます。中を見ると蒸しあがった牡蠣が見えますが・・大きさも何となくそれなりだし、すかすかな感じですが、気のせいでしょうか(^-^;

10個だから仕方ないのですが・・

肝心のお味は、文句なしで美味しい・・!

焼き牡蠣もやってきました。

最初イメージしていた、炭火で直に焼くというものではなく、調理場にある専用オーブンで焼いたのを持ってくるというスタイルでした。時間的には早くできるのでいいかと思いますが・・殻が焼ける臭いが全くないので、磯の香は期待しない方がいいです。

こちらもお味は抜群に美味しいですが、正直にいうと、蒸し牡蠣との味の違いが判らなかった・・(^-^;

ポン酢とレモン、お好みで唐辛子をかけていただきます。

今回は夫婦二人で行きましたが、出来上がった牡蠣20個を淡々と食べるだけなので、時間にすると30分程度で終わってしまいました。雰囲気を楽しむには少しものたりない気もしましたが、天候に左右されず、安心して食べることができるのはいいと思います。

帰りは、三方湖のレインボーラインを利用し、若狭湾国定公園の景色を楽しんできました。

動画はこちらから

若狭フィッシャーマンズワーフの牡蠣小屋にいってきた!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

もっちんです。既に50代半ば(^-^;ですが、旅行に車に、ホームシアター、DIY、にゃんこに熱帯魚飼育と趣味は旺盛なハワイ大好きおじさんです

2019 スイス・イタリア

2019 ハワイ

2019 ハワイ計画

2018 ハワイ

2016 ハワイ

2015 ハワイ

2017 韓国

2016 沖縄

2018 宮城

愛知県 潮干狩り

福井県の記事

DIYコーナー

コストコ

年会費無料 海外旅行保険 最強の自動付帯カード

ブログ統計情報

  • 96,707 アクセス