アユ釣りの聖地、九頭竜川は今年も成育順調(福井県)

この記事は2分で読めます

こんにちは、もっちんです。

今年も6月13日(土)から九頭竜川の中部漁協管内のアユ釣りが解禁になります。

ここ数年は、極端な不漁続きで、太公望の期待を裏切ってきました。

九頭竜川中部の鮎(アユ)の不漁について

が、今年の試し釣りのうれしい記事が、2020年6月7日付けの福井新聞に掲載されていました。

九頭竜川中部漁協は6月6日、アユ釣りが13日に解禁されるのを前に、福井県永平寺町の九頭竜川で試し釣りを行った。大きく育ったアユを次々と釣り上げ、組合員らは「大きいもので19センチ以上。目標の18センチを超え、順調に成育している」と笑顔を見せた。

組合員ら22人が各ポイントに散らばり、試し釣りした。約1時間で13匹を釣り上げた中川邦宏さん(62)は「近年3、4匹だったところが10匹以上釣れた。うれしい。水温19度でこの釣果なら、もう少し上がれば今年は期待できる」と手応えを感じた様子。

同漁協は本年度、例年と同程度の約130万匹の稚アユを放流した。今年は気温が高い日が続いていることもあり、遡上(そじょう)が良いという。

組合長は「上々の出来。人と接する時はマスクを忘れず、事故に十分気を付けて、九頭竜川がたくさんの釣り人でにぎわってほしい」と話していた。

町錆の水温は19℃で、

魚体の重さは平均50.5g/尾。

最も大きかったのは全長192mm。

試し釣りで釣れた尾数が最も多かった人は2時間30分ほどで22尾、平均で14匹程度

ということで九頭竜川中部漁協管内全域のアユの生育は例年になく良いみたいです

6月7日(日)の九頭竜川の様子です。

場所は北陸自動車道と福松大橋付近です。

梅雨入り前ですが、水量はそれなりにあるみたいです。

雄大な九頭竜川の風景

動画だとこんな感じです。

解禁期間

漁種 漁具・漁法 エリア 解禁日 終了日
友釣り 三国河口~高屋橋 6/13 11/14
高屋橋~北陸自動車道 6/13 11/14
北陸自動車道より上流 6/13 11/14
毛バリ釣り 全エリア 7/14 11/14
素掛 全エリア 9/1 11/14
コロ釣り
網漁 全エリア 9/1 11/14

鮎の遊漁料

種類 金額(税込)
年券 12,000円
日券(取扱所購入) 3,000円
網券 20,000円

遊漁料は現地にて漁場監視員にお支払いただくことも可能だということですが、その場合は通常の遊漁料に1,000円を加算した金額が必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

もっちんです。既に50代半ば(^-^;ですが、旅行に車に、ホームシアター、DIY、にゃんこに熱帯魚飼育と趣味は旺盛なハワイ大好きおじさんです

2019 スイス・イタリア

2019 ハワイ

2019 ハワイ計画

2018 ハワイ

2016 ハワイ

2015 ハワイ

2017 韓国

2016 沖縄

2018 宮城

愛知県 潮干狩り

福井県の記事

DIYコーナー

コストコ

年会費無料 海外旅行保険 最強の自動付帯カード

ブログ統計情報

  • 92,524 アクセス