ベネチアおすすめのお店③・・絶品のイタリア料理「Trattoria Da Jonny」

この記事は2分で読めます

こんにちは、もっちんです。

今回は2019年9月に行ったイタリアのベネチアに行った時に立ち寄った美味しいお店について紹介したいと思います。

関空からヘルシンキ経由でチューリッヒに到着後、翌日からフィレンッェとベネチアへ2泊3日での観光を行いました。

今回紹介するお店は・・イタリアン, 海鮮・シーフード, 地中海料理のお店

Trattoria Da Jonny

トラットリア・ダ・ジョニー

営業時間   火 – 日 12:00 – 15:00

         19:00 – 22:00

電話番号: +39 041 296 0065

住 所  Campo de le Gate, 3210, 30122 Venezia VE, イタリア

サンタ・ルチーア駅からだと歩いて約3km、40分程度かかります。また、サンマルコ広場からだと徒歩10分ほどです。

お店のは細い道沿いにあるひっそりとした場所にあるお店なので、事前にグーグルマップ等で調べてから行きましょう!

今回は、事前にイタリア人の友人にテラス席を予約していただきました。

 

お天気は快晴で、明るい雰囲気でのランチとなりましたが、お店の対応も、陽気なイタリアンという感じで、テキパキしながらも常に「どう、美味しい?」と声を掛けたり、空いたお皿等もスムーズに処理いてくれ、きちんと気を配っているように見えました。

お店に到着したのが、予約時間から30分ほど遅れたのですが、そこは、日本ほど時間に細かくないお国柄か、まったく気にしていないようでした(^^♪


店内の様子は、中に入らなかったので確認できませんでしたが、気候の良い季節は外での食事は気持ちが良いですね!

今回の旅行で感じたことですが、日本の場合だと、テラス席等はあまり無くて、ほとんどが店内での食事になりますが、イタリアもスイスも、カフェやレストランは、場所さえあればテーブルと椅子が外に並んでいて、当たり前のように、皆そこで飲食しています。

文化の違いといえばそれまでですが、明るく社交的な雰囲気を感じます。

 

日本の場合、席に着くと、何も言わずに冷水が出てきますが、こちらでは、「水」か「炭酸水」の選択になり(当然有料です)、ビンで運ばれてきます。

炭酸水が3ユーロ、水も3ユーロでした。

食事内容は、

まずはビール(^^♪ 5ユーロ

ホタテ貝のパン粉焼き・・20€

クリーム鱈だったような・・だとしたら17ユーロ

モッツァレラ 17ユーロ

カペラッチ 19ユーロ・・2人前で38ユーロです

リゾット 19ユーロ・・2人前です(^-^;

パスタ系はどれも18ユーロでした。

スピリッツ 6ユーロ  女性からは飲みやすいと好評でした。

ベネチアの郷土料理・・干し鱈のミルク煮

ムール貝のソテー 17ユーロ

初めてのイタリアン, 海鮮・シーフード, 地中海料理ということでしたが、お味はどれも満足できるものでした。今回7人で訪れたので、少しづつシェアしながら食べれたのが良かったかなと思います。

 

お会計は全部で254ユーロ・・一人当たり36.3ユーロなので、日本円で4,300円程度になりますが、大満足したランチとなりました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

もっちんです。既に50代半ば(^-^;ですが、旅行に車に、ホームシアター、DIY、にゃんこに熱帯魚飼育と趣味は旺盛なハワイ大好きおじさんです

2019 スイス・イタリア

2019 ハワイ

2019 ハワイ計画

2018 ハワイ

2016 ハワイ

2015 ハワイ

2017 韓国

2016 沖縄

2018 宮城

愛知県 潮干狩り

福井県の記事

DIYコーナー

コストコ

年会費無料 海外旅行保険 最強の自動付帯カード

ブログ統計情報

  • 96,611 アクセス