香港ディズニーランドのお得なチケット購入とアクセス方法について

この記事は3分で読めます

こんにちは、もっちんです。

2018年12月21日(金)から24日(月)までの3泊4日で、香港とマカオに行ってきました。

前回の記事はこちらから

香港国際空港から入国後、タクシーに乗りパンダホテルまでの移動について

 

香港2日目は、香港ディズニーランドに向かいます。

チケットの購入

チケットの購入方法はいくつかあります。

1.ディズニーランド窓口・・チケット売り場はパーク開園の30分前から開いています。
2.ネットでのeチケット予約
3.香港ディズニーランドリゾートホテルの受付で購入(ほぼ宿泊者限定ですね)
4.MTR中環の駅・・香港島の中環の駅構内にも売り場があります。(香港島にある駅なので、付近のホテル宿泊していれば買えます)
5.香港国際空港内のディズニーショップで購入(空港から直行する人は購入価値ありかも)
6.旅行会社で予約(ツアー代金に含まれることが多い)
7.香港のセブンイレブンで購入できるらしい(確認していないので・?)

3~7についてはあまり多くないと思われるので、今回は1と2で比較してみました。

1.ディズニーランドの窓口で購入する場合(正規価格)

  • 1日入場チケット
    大人(約9,200円)
    子ども(3~11歳)(約6,800円)
    シニア(65歳以上)(約1,500円)
  • 2日入場チケット
    7日の期間内のいずれか2日を選べます。
    大人(約12,000円)
    子ども(約880円)
    シニア(約2,500円)

となっていて、9時30分頃から販売されているようです。もっちんが行った12月22日(土)はクリスマス前で混雑するかなと思っていましたが、開園時前後はそれほど人も多くなく、スムーズに入園できていたようです。

2.ネットでのeチケット予約で購入する場合

今回、もっちんは日本で、kkdayのサイトから購入しておきました。(出発2日前の予約でも大丈夫でした。)

他にもネットで購入できるサイトはありますが、kkdayは日本語で案内されるので安心して購入できるかと思います。

  • 1日入場チケット
    大人(約7650円)・・1,550円お得
  • 2日入場チケット
    大人(約9700円)・・2,300円お得

今回は1日入場チケットを二人分購入したので、約3,100円安く購入できたことになります。

ネットでの予約が完了するとメールでバウチャーが送信されてきます。それに表示されているQRコードを当日に入場口で掲示すれば、すぐに入場できます。

バウチャー(スマホ画面)

 

ただし、一旦購入してしまうと、キャンセルはできないので、天候等の理由に行かないかもしれないという不安がある人は、多少高くても正規に窓口チケットを購入したほうがいいかと思います。

入場口でQRコードを見せると、下図のチケットがもらえます。チケットといっても他に見せることはありませんでしたが、記念になりますね!

 

アクセス

パンダホテルからディズニーランドまでのアクセスはおおむね3つの手段があります。

1、電車(MTR)

2、タクシー

3、バス(ミニバス(乗合バスで行ける様ですが詳細は確認していないので、今回はパスしました)

今回もっちんは、往路はタクシー、復路は電車(MTR)を使いました。

 

タクシーでの移動

タクシーの場合、メリットはホテルの玄関口から目的地まで直行で行くことができるので、途中迷う心配がありません。パンダホテルからだと移動時間は20分くらいなので、あっというまに到着します。

料金は約1,500円くらいかかるので、3種類の中では一番高くなりますが、二人で割ると750円になり、距離が近いので、そんなには高くない印象でした。

しかし、九龍や香港島のホテル宿泊している場合は、それなりに距離があるので、もう少し高くなるのがネックですね!

ほぼ高速道路の通行になります。

 

電車(MTR)での移動

パンダホテルから電車を使って、ディズニーランドに行こうと思うと、

パンダホテル→ 徒歩移動(約10分)→大窩口站(タイウォーハウ ツァム)駅→ 荃湾線→茘景(ライキ)駅→ 東涌線→欣澳(サニーベイ)駅→ 迪士尼ライン→迪士尼駅

というルートになります。

乗り換えが2回ありますが、電車の色で判るので、難しくはないと思います。駅までの徒歩の時間や距離的にもタクシーよりは遠回りになるので、タクシーよりは時間がかかります(1時間程度)。また料金は約300円と安価になります。

ただし、時間帯によっては座れないこともあるので、その辺も考慮しておく必要があります。

迪士尼ライン(ディズニーランドリゾートライン)は窓もミッキーになっています。

もっちんの場合、往路はホテルでタクシーを手配して、9時ころ出発し、9時20分頃に到着しました。開園まで少し時間があったので、ゲート外にあるショップで帽子やグッズを見ながら時間をつぶして、10時の開園と同時に入場することができました。

日本語ガイドブックをゲットする方法

今回、もっちんは事前勉強をしていなかったので、初めての香港ディズニーランドでは、どこに何があるのかさっぱりわかりませんでした。

そこで、入園したらまずは日本語のガイドブックを貰うために、入園してすぐ左手にある、シティホールに向かいます。

シティホールの外観です。

中に入ると各国のガイドブックがあるので、日本語のガイドブックをゲットしましょう!

 

香港ディズニーランドは、世界の数あるディズニーランドのなかでも一番小さいディズニーランドなので、その気になれば一日でまわり切ることができるみたいです。

アラフィフのもっちんはさすがに全部回ることはできませんでしたが、今回乗ったアトラクションは

1、アイアンマン・エクスペリエンス

2、オービトロン

3、ハイパースペースマウンテン

4、ジャングル・リバー・クルーズ

の4つです。内容については次回に・・!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

もっちんです。既に50代半ば(^-^;ですが、旅行に車に、ホームシアター、DIY、にゃんこに熱帯魚飼育と趣味は旺盛なハワイ大好きおじさんです

2018 宮城

2015 ハワイ

2016 ハワイ

2018 ハワイ

2017 韓国

2016 沖縄

愛知県 潮干狩り

福井県の記事

DIYコーナー

ホームシアター

コストコ

カテゴリー

ブログ統計情報

  • 51,052 アクセス