ハワイ旅行 レンタカーのナビは何を使うか?

この記事は3分で読めます

こんにちは、もっちんです。

ハワイでレンタカーを利用する場合、日本で予約していく方が多いと思いますが、みなさんナビはどうしているのでしょうか?

自分は何回もハワイで運転しているので、道は全て覚えているという人は別ですが、ほとんどの人はハワイに来るのが多くて数回目、まして、レンタカーは今回初めてという人も多いと思います。そういうもっちんも、ハワイは4回目で、レンタカーは2回しか経験していません。

となると、運転自体慣れていないのに、道も知らないのでは、とても安心して運転なんかできません。

そこで、カーナビの出番になるのですが、今の時代、専用カーナビでなくても、スマホやタブレットでもルート案内はできます。どれが一番使いやすいか、もっちんの経験でのお話をしていきたいと思います。

 

1 レンタカー会社のオプションカーナビの利用。

(1)メリット

契約が簡単、設置が簡単、それぐらいしか思い浮かびません。

(2)デメリット

レンタカーを契約する際に、必ずナビはどうしますか?と聞いてきます。無料なら直ぐにお願いします、といいたいところですが、実際はオプション扱いということで、1日あたり10ドル以上の追加費用がかかります。3日間借りると最低でも30ドル必要になります。

でも、安全はお金には変えられないので、カーナビを追加契約したとしますが、もっちんはレンタカー会社のカーナビは使用したことがないので、他の人の記事を参照すると、①ナビの性能が日本のナビを想定するとかなり精度が低い。②操作方法がわかからない。③盗難の恐れがある。という記事が目につきます。

また、当日借りるので、当然ながら目的地の事前設定はできません。都度設定になりますが、目的地入力だけならまだいいのですが、住所検索だと、英語での入力になり、大変なような気がします。

 

 

2 スマホの地図アプリを利用する。

スマホには基本GPSが内蔵されており、地図アプリ(グーグルマップ)を使えば、カーナビとして使うことができます。

もっちんも、前々回のハワイでは、スマホをナビとして使用しました。

(1)メリット

レンタル費用がいらない。

自分の端末なので、当然無料になります。ただし、ネットへの接続が必要なので、Wifi環境が必須になりますが、普通はレンタルwifiを利用すると思うので、追加費用は考えなくてもいいと思います。

目的地の事前登録が可能

日本にいる間に、プランを立ててしまえば、事前に目的地を登録しておくことが可能です。

グーグルマップで、行きたい場所を検索し、保存-リストに保存で登録しておけば、いつでも呼び出すことができます。細かくスケジュールが決まっているのであれば、日別にリストを作成しておけば、簡単に地図を呼び出して、現在地からののルート検索が行うことができます。

(2)デメリット

画面が小さい。

スマホの画面でもナビとしては十分利用できますが、やはり、感覚的には少し小さい。全体を見回したい時に表示範囲が狭いので、現在位置の周囲が把握できない時もあります。

例えば:iphone8は4.7インチ、日本のカーナビが7インチが標準です。

いちいち、取り外し、取り付けるのが面倒

目的地に着くと、スマホは必需品なので、当然車から取り外して持っていきますよね。また、防犯面からも見えるところに放置するのは、安心できません。しかし、車内に戻ると、またホルダーに取り付ける必要があります。1回や2回なら問題ないのですが、何回も続くとさすがにおっくうになります。

車内ではスマホとして利用できない。

道中、ナビとして利用しているわけですから、車内では他の利活用ができなくなります。運転手は運転しているわけですから、スマホに触れることはないと思いますが、同乗者が操作したくてもできなくなります。

もっちんの感想は、画面の小ささは慣れれば、そんなには問題ないのですが、やはり取り外し、取り付けが面倒と感じました。また、目的地でカメラとかLineとか操作するので、いちいち画面もグーグルマップ画面に戻さなくてはいけないので、常に煩わしさを感じての移動って感じでした。

 

3 GPS付きタブレットをナビとして活用する

今回、もっちんはこの方法を実践しましたが、思った以上に快適に操作できました。使用したタブレットはi-pad mini3 のセルラーモデルです。どうしてセルラーモデルかというと、GPSを内蔵しているからです。i-padのwifiモデルはGPSを内蔵していませんので注意してください。グーグルマップはGPSが無くても使用できますが、自車位置等の制度が落ちるみたいです。

(1)メリット

画面が大きい

i-pad mini3の画面サイズは7.9インチです。日本で使用しているカーナビはほとんどが7インチの大きさなので、十分に大きく見やすい画面です。

レンタル費用がいらない。

これはスマホと同じです。

目的地の事前登録が可能

こちらもスマホと同じです。

いちちい取り外す必要がない。

スマホの操作が自由なので、ナビ専用でしようしている場合は、取り外す必要がありません。(盗難防止での取り外しは任意ですが・・)

(2)デメリット

画面が大きいため、取り付け場所に苦労?

画面が大きく、重量もそれなりにあるので、ホルダーの強度を確認して取り付けないと、落下等の危険があります。

GPS付きタブレットのナビ使用記については、別途紹介します。

以上、レンタカーのナビ対策を書いてきましたが、もっちんとしては、3のタブレットでグーグルマップを使用するのが一番安心して使用できました。それぞれに一長一短があるので、よく検討してみてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

もっちんです。既に50代半ば(^-^;ですが、旅行に車に、ホームシアター、DIY、にゃんこに熱帯魚飼育と趣味は旺盛なハワイ大好きおじさんです

2019 ハワイ

2019 ハワイ計画

2018 宮城

2015 ハワイ

2016 ハワイ

2018 ハワイ

2017 韓国

2016 沖縄

愛知県 潮干狩り

福井県の記事

DIYコーナー

ホームシアター

コストコ

スポンサーリンク








全般ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

カテゴリー

ブログ統計情報

  • 58,330 アクセス