ハワイ旅行 ESTA(エスタ)の申請について

この記事は2分で読めます

こんにちは、もっちんです。

アメリカに入国するには、電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」というものを申請する必要があります。これはハワイなどアメリカ合衆国に渡航する場合、テロ防止のために短期滞在のビザ(査証)を免除している参加国の渡航者が、ビザなしでアメリカに渡航する条件を満たしているかどうかを審査するものだそうです。

ESTAの申請は、オンライン(インターネット)での申し込みのみとなっていて、他の方法での手続きは一切出来ません。登録は原則アメリカへの”出発の72時間前までとなっていますが、通常問題がなければ、入力申請後、即座に回答があります。

ただし、不定期でメンテナンス画面になり、入力できない日もあり、また入力相違等により審査保留になったり、拒否になる可能性もあるので、十分余裕をもって申請しましょう。

申請画面には、個人による申請とグループによる申請がありますが、家族で申請する場合は、グループによる申請したほうが早く入力が終わります。

有効期間は2年ですが、結婚等でパスポートの苗字が変わったときには、ESTAも再登録が必要になります。また、申請には一人あたり14ドル必要になります。

準備物としては

  • パスポート(これが無いと申請できません。)
  • クレジットカードもしくはデビッドカード(VISA、AMEX、JCB、MasterCardは大丈夫です)
  • 旅行先の宿泊ホテルの連絡先等とメールアドレス

申請先 ESTA https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

申請は上記サイトからオンライン認証という形になりますが、ESTAの公式サイトに似たような画面での代行業者もおり、しらずに入力していくと5,00円くらい手数料として取られる場合があるので注意が必要です。

しかし、ESTA申請を忘れると、アメリカに入国できないので、確実に行い、不安があるのなら、代行業者に依頼するのも、全くOKだと思います。

 

申請が完了すると、認証は保留中という申請状況案内が来ますが、そこに記載されている、申請番号を記録しておき、「既存の申請内容の確認」のページからパスポート番号、生年月日、申請番号を入力すると状況の確認ができるので、必ず確認しておいたほうがいいと思います。

ESTAの個人での申請は自己責任になります。料金を取るかリスク回避をとるかになりますが、早めに申請すれば、時間的余裕をあり、事後の確認もできるので、そう心配する必要はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

もっちんです。既に50代半ば(^-^;ですが、旅行に車に、ホームシアター、DIY、にゃんこに熱帯魚飼育と趣味は旺盛なハワイ大好きおじさんです

2018 宮城

2015 ハワイ

2016 ハワイ

2018 ハワイ

2017 韓国

2016 沖縄

愛知県 潮干狩り

福井県の記事

DIYコーナー

ホームシアター

コストコ

カテゴリー

ブログ統計情報

  • 51,052 アクセス